カード枠を現金化するのはキャッシングとは違う

カードローンはいわば、カード枠を現金化することによって借入することが出来るサービスです。
一見、キャッシングに見えますがカード枠による現金化はキャッシングとは結構異なってきます。
それらの違いによって便利さもかなり異なってくるので注意が必要です。

どのような点が違うかというと、まずキャッシングは一度に借入をするという点でしょう。
それに対してカード枠による現金化は自分の好きな金額を好きな時に現金化することが出来るようになっています。
キャッシングで100万円借りるとすれば一気に100万円程借りなければならくなります。
しかし、カード枠による現金化ですと10万円だけ下ろすことも可能ですし、さらに5万円だけ下ろすことも可能なのです。
もちろん、返済分も現金化した分だけに限られます。

また、カード枠による現金化はしっかりと返済すれば、また枠も復活するという仕組みになっており返済をこなせば理論上半壊でも借り入れが出来るという事になります。
それに対してキャッシングは一度返済してしまえば、もう一度利用するのに新たな契約が必要となるのです。

ただし、最近ではキャッシングもカード枠を活用するなどしているのでその協会は結構あいまい化されてきているようです。
厳密に言えばキャッシングとカード枠の使用はいくつか異なる点はあります。
もしも、これらの借入サービスを活用するときは、ある程度理論上の違いは知っておいても損は無いかもしれません。