専業主婦カードローンの審査とは

2010年6月に、国は総量規制と言う規制を設け、貸し過ぎや借り過ぎを防ぐようにしました。
この規制により、年収の3分の1までしか消費者金融などの貸金業者からお金を借りることはできなくなったのです。
カードローン等を申し込もうとしても、専業主婦の場合には、一般的に仕事やアルバイトをしていないため、収入がゼロです。
総量規制に照らし合わせると、年収の3分の1もやはりゼロになってしまいます。

そのため、カードローンを申し込んだとしても、審査で年収がないことがネックとなって、消費者金融では借りられないことになってしまいます。
それでは、専業主婦はどうやってもカードローンを利用することができないのかと言いますと、そうでもありません。
総量規制の対象となるのは、消費者金融などの貸金業者であり、銀行からお金を借りる場合には、総量規制の対象外となるため、カードローンを利用することができる場合もあるのです。
もちろん、その場合でも審査は行われますが、ご本人の収入がゼロであることは銀行も承知していますから、家計を同一にしている方で、収入のある人、一般的には夫となるのですが、その人の年収を申込書に記入して、あとは身分証明として運転免許証などを提示すれば、カードローンを利用することができるのです。
但し、この方法を利用する場合には、在籍確認と言って、旦那さんが本当に申込書に記入された勤務先に在籍をしているかどうか確認するために、銀行は勤務先に電話をして、旦那さんがそこに勤めていることを確認します。
また、本人確認と言って、夫の方に、申込書に記入されている氏名や生年月日が正しいかどうかの本人確認の電話がかかってきます。
カードローンを利用したことは、夫の知るところとなります。
但し、銀行によっては、10万円から50万円程度の少額の借入額を設けて、銀行の貸し倒れリスクを低くすることにより、収入のない主婦でも申し込みを可能にしたカードローンを取り扱っているところもあります。
この場合は、夫に在籍確認の電話や本人確認の電話がかかることはありません。